鶴の恩返し

この3ヶ月近く
古民家再生で手一杯だったので
そろそろ機織しないと
この先の生活が危うい…

寒くなってきたので
縁側に置いていた機を
部屋の中に入れると

鶴の恩返しっぽい…

ダンボールで
鶴が機織してる影
作りたくなる感じ 笑

「決して開けて見ないでくださいよ」
…(*≧m≦*)ププッ

遠い与那国から
千葉〜横浜〜兵庫と
一緒に旅する機…

持ち主が波乱万丈だと
機も苦労するね〜

バラすのも組立てるのも
さささっと出来るように
なってしまいました。

どこまでも一緒に
織り続けようね…

前の記事

薪ストーブ設置完了

次の記事

島友